タイのプーケット島でゴルフデビューしました!

昔からサーフィンをしていましたが、地元のサーフィン仲間が1人、2人と徐々にゴルフを始めていき、最後にゴルフをやっていないのは、自分1人になってしまい、ゴルフを始めたみんなの話を聞くと、体幹も鍛えられて、年をとっても続けられると全員が言っていたので、始めることにしました。外国や国内のプロサーファーでもゴルフをやっている方も多いので。

仲のいい友達と外国(タイプーケット島)にサーフィンに行ったときに、ゴルフデビューしました。行く前に道具(ゴルフクラブやキャディーバッグ、シューズなど)は中古品を買ったり、友達に貰ったりしてそろえました。日本で練習は1回だけ行っただけでのデビューだったので初めは空振りの連続でのスタートでしたが、ホールが進むにつれ空振りも少なくなってきて、すごく奥の深いスポーツだと痛感しました。

それからもゴルフは続けていますが、1年のうちたくさん行ける年と全然行けない年があります。ゴルフは、ほんとに奥の深いスポーツで集中力も養えるので続けています。ロングホールでのドライバーで会心のいい当たりで飛距離がでた時のうれしさや満足感が一度味わうと忘れられないです。ショートホールでのピンそばピタリと止まってからのバーディーなども気持ちのいい瞬間です。

自分の意見としては賛成です。1人の友達が家の近くの練習場のスクールに通ってました。その友達は1年でスコア90を切るほどに上達しました。その友達から色々と話を聞くと、反復練習を確実にする事が大事だと言っていました。自己流の悪い癖が付く前に正解の動きを体が覚えるまで反復練習して身につけて、実際に上達するのを間近で見たからです。

カテゴリー: 女子がゴルフ始めた理由 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です